あさぎり町中部ふるさと会

あさぎり町中部ふるさと会とは
熊本県球磨郡あさぎり町出身者、及び あさぎり町と
係わりのある方々の中部地区での親睦団体です。

あさぎり町中部ふるさと会 新着相談 中部ふるさと会の情報 若人支援会 あさぎり町の紹介

新着情報

2017年4月13日

第38回 ふるさと探訪  豊かな隠れ里 人吉球磨の自然(1)

・・「こんどはどこにしましょう」と、編集部のHさんがいうので・・・こんどは気分を変えて南へ行きたいと思った・・・「いっそう、肥後から山超えて薩摩に入りましょう、途中、日本でもっとも豊かな隠れ里だったといわれる人吉を通って」というと、やがてHさんは南九州の大きな地図をもってきて私の前にひろげた。私はかねてそこを通ってみたいとおもっていたところへ赤マルを入れたり線を引いたりした。それが、とりあえず名づけた「肥薩の道」である。・・・
これは、『竜馬がゆく』や『国盗り物語』、『坂の上の雲』など多くの歴史小説を書かれた『司馬遼太郎さんの「街道をゆく3」・「肥薩のみち」の中の一節である。傍線部分が人吉球磨地方の日本遺産認定申請時のキャッチフレーズである。認定後のロゴマークは、図1左のような「日本でもっとも豊かな隠れ里‐人吉球磨」となった。長い文章をわざわざ掲載したのは、司馬遼太郎さんは、人吉球磨地方が今でも、日本でもっとも豊か隠れ里、と言っているわけではないことを明らかにしたかったからである。昔はそうだった、と書いているのである。
図1は九州における縄文時代の遺跡分布である。この図から明らかなように、佐賀や大分、それに鹿児島などの湾岸などではない内陸部の人吉球磨地方は縄文時代の昔から、火山災害がなく、住みよく、人が集まる豊かな盆地であった。しかし、現在はどうか、おそらく、昔も今も変わらないのは市房山や白髪岳の姿だけで、里の生き物は絶滅危惧の域にある。今回から、人吉球磨地方の自然の最も豊かな隠れ里時代への回帰を願い、5回にわたって人吉球磨の自然を紹介する。ここで掲載する写真は、断りのない限り、「環境省レッドリスト2015植物版」から引用した。
38A.png38B.png
図1 もっとも豊かな隠れ里だった人吉球磨地方
:「日本でもっとも豊かな隠れ里 人吉球磨」ロゴマーク 出典:日本遺産人吉球磨公式サイト
:九州における縄文時代遺跡の分布  出典:「縄文人は肥薩線に乗って」

人吉球磨盆地が、日本でもっとも豊かな隠れ里であった時代には、これらの植物や魚は、深山に入らずとも山の麓や川でも容易に見ることができた。しかし、今では環境が変化し、物の豊かさと引き換えに絶滅が危惧されている植物や生物がある。この絶滅危惧種というのは、絶滅の危機にある生物種のことで、絶滅の危惧が予想されると、それを防ぐために、生息環境の保全や人間(環境省)の直接介入による保護活動がなされる。図(写真)の説明文の中に、絶滅危惧種「UV」とあるのは、危惧の度合いを示す記号で、「UV」は絶滅の危険が増大している種であることを示す。ちなみに、絶滅した種は「EX」、飼育や栽培でのみ存続している種は「EW」、絶滅の危機に瀕している種は「CR+EN」である。初めに、人吉球磨地方だけで生育している貴重な植物や生き物から紹介し、次いで当地方の絶滅危惧種の繁茂時代を回想し、いかに人吉球磨盆地の自然も豊かであったかを紹介する。
図2はツクシイバラである。この花が群生している球磨郡錦町のホームページには以下のような説明がある。「九州を意味するつくし(筑紫)とイバラを合わせた名前で、南九州独特の野イバラの意味。発見当初より非常に稀な植物であると報告されており、発見場所である球磨郡あさぎり町上から下流側の球磨川河川では、迷惑なほど咲き誇った時期もあった。しかし、バラ栽培の土台として野生種のツクシイバラが適していたため、盗掘や河川環境の変化に伴いほとんど見る事が出来なくなった。植物学者の前原勘次郎氏(元人吉高校教諭)が1917年6月9日に、現在のあさぎり町上地区にて「ツクシサクラバラ」として標本を採取し、東京大学の植物学者である小泉源一氏の元に送った・・・」とあり、何人かの専門学者の協力によって現在の名前がついたとある。
高さは2m位で、葉は細かい鋸歯、花期は5〜6月で、秋に果実が赤く熟す。野原や草原、道端や河川敷など、刈り込まれても直ぐ萌芽し生命力は強大である。北海道から九州までと、朝鮮半島にも分布しているそうである。であればこの花も、後ほどのべるリュウキンカと同じく朝鮮半島からの渡来なのだろうか。
ツクシイバラの群生場所へ行くには、219号線で錦町役場の前のイスミ交差点を一武駅方面に向かい球磨川鉄道の踏む切りを超えると球磨川にかかる球磨大橋に達する。その橋の南詰めを右折し、堤防道路を東へ500mほど進んだあたりの河川敷が群生地である。花見に際して、この花は先ほど述べた絶滅危惧種(UV)であり、絶滅の危険が増大している種であることを念頭においていただきたいものである。
次回は、市房山の天然記念物の「蝶」が、幼虫時代、絶滅危惧種のランを食べる話である。
38C.png38D.png
図2 ツクシイバラとその花(右) 写真右:錦町HP 熊本県の絶滅危惧種(UV)

文責:杉下潤二 Tel: 090-3856-0715 junji@siren.ocn.ne.jp

  • 若人支援会
  • あさぎり町の紹介
  • 中部ふるさと会の情報
  • 会長あいさつ
  • 会則
  • 役員名簿
  • 役員会
  • 活動計画と予算
  • 活動報告
  • 児童生徒就学支援
  • 会員からの投稿欄
  • 町名の由来は秋から春にかけて球磨盆地にしばしば発生する朝霧から。
ページの先頭へ
あさぎり町中部ふるさと会HPの著作権
©2007 あさぎり町中部ふるさと会 All Rights Reserved.  ホームページ作成  bit,SEO.