あさぎり町中部ふるさと会

あさぎり町中部ふるさと会とは
熊本県球磨郡あさぎり町出身者、及び あさぎり町と
係わりのある方々の中部地区での親睦団体です。

あさぎり町中部ふるさと会 新着相談 中部ふるさと会の情報 若人支援会 あさぎり町の紹介

新着情報

2018年8月30日

続 ふるさと探訪30 昔懐かしふるさとの味: 山野菜:ノビル・椎の実

4.山野菜:のびる(野蒜)

 ノビルは、漢字で「野蒜」と書き、川の土手にも生えているニラのようなニオイのする植物である。「野蒜」の「蒜(ひる)」はユリ科の多年草のことで、その仲間は、ネギやニンニクそしてノビルなどである。このノビルも縄文時代の食用植物の一つであった。その後も食べられていたようで、8世紀初めに編纂された『古事記』の中に、応神天皇が詠まれた歌として次のようなものがある。

「いざ子ども 野蒜摘みに 蒜摘みに わが行く道の 香ぐはし 花橘は 上枝は 鳥居枯らし 下枝は 人取り枯らし 三つ栗の 中つ枝の ほつもり 赤ら嬢子を いざささば 宜らしな」
意味は、「さぁ、ノビルを摘みに行こう ノヒルを摘みに行こう わたしが進む道の香りの良いタチバナ 上の枝は鳥が止まって枯れた 下の枝は人が折り取って枯れた 真ん中の枝はつぼみが残っている そんなつぼみのような赤い少女を さぁ、妻としなさい」
 しかしもっと驚くことは、万葉集にノビルの調理法が載っている。これは平安時代中期、渡来系の異才な歌人とされ長忌寸意吉麻呂(ながのいみきおきまろ)という人が詠んだ歌である。
原文は:「醤酢尓 蒜都伎合而 鯛願 吾尓勿所見 水葱乃煮物」であり、読みは、「醤酢(ひしはす)に蒜(ひる)搗(つ)きかてて鯛願ふ我れにな見えそ水葱(なぎ)の羹(あつもの)」である。意味は、「醤と酢に蒜を混ぜ合わせて鯛を食べたいと思っているのに、水葱(なぎ)の羹を私に見せるな」である。
30A.png
図14 ノビルとノビルの酢味噌和え

 ここに出てくる「羹」は「あつもの」と読み、魚・鳥の肉や野菜を入れた熱い吸い物のことであり、「水葱」とは、水田などの水湿地に生え、一見、ホテイアオイ風の水田の雑草だった水草である。図14右端は、ノビルと、その食べ方の一つ、「酢味噌和え」の例である。

5.椎の実(しいのみ)

 昭和二桁生まれといっても、10年から64年まであるから、昭和二桁生まれは若いとも年寄りとも言えない。戦後の豊かな時代、昭和30年代以降の昭和二桁生まれの方には、そんな経験はないと思っていたら、その年代生まれの方で、大分県在住の羽石さんから、椎の実拾いをして、炒(い)っていたら、椎の実がはじけて顔に当たり泣きながら食べた日のことを語ってもらった。
 筆者にも、椎の実拾いは、恐怖の思い出として残っている。当時の湯前線の踏切を超えるための近道は、筆者の自宅から、旧岡原村の伊勢元地区を抜け、古多良木に至る道である。踏切を超えて、どれくらい行ったのか、そこが旧須恵村だったのか、はっきりした記憶にないが、そこは、うっそうとした森の中であった。
椎の木を探し、深く迷い込んだ森の中に小さな掘立て小屋があった。おそるおそる覗いてみると白髪頭のお婆さんが座っていたのである。椎の実どころではなく明るい方へ一目散に友と駈け逃げた思い出でがそれである。

30B.png

 椎の木の葉と実を図15に示す。椎の木は、九州から本州にかけての照葉樹林の代表的構成種であるが、この木は、狂いが生じやすく、虫食いやすく、割れやすいので材質的な評価が決して高くない木材である。しかし、その実、椎の実は縄文時代からよく食べられていた痕跡がある。鹿児島市上竜尾町の南洲公園の一角にある縄文時代晩期の竪穴住居跡があり、そこから石斧(せきふ:いしおの)や石鏃(せきぞく:やじり)、猪の骨などと一緒に椎の実が出てきている。椎の実に限らず木の実は、古代人にとっては重要な食材であった。時代は下がって、飛鳥時代やなら時代、そのころも椎の実が食材となっていたようで、万葉集には椎の実を詠んだ歌が三首抄録されている。その中の一つを紹介する。

 「家にあれば笥(け)に盛る飯(いひ)を草枕(くさまくら)旅(たび)にしあらば椎(しい)の葉に盛(も)る」 ・・・ 万葉集0142 
意味は、家にいたなら食器に盛って食べるご飯を、草を枕にする旅の途中にあるので椎の葉に盛って食べている、である。本稿の趣意ではないので詳述はさけるが、この有間皇子は18歳で謀反人として処刑されるから、この歌の「旅」は流罪地への旅路である。先の「肥薩線」の「真幸駅」の「真幸」は真の幸のほかに、運よくとか、幸いにとかの意味があるということで、有間皇子の次の歌を紹介した。「磐代の浜松が枝を引き結び 真幸(まさき)くあらばまた還り見む」、意味は、磐代の松の枝を結んだ、運よく無事に帰ることができたらまたこれを見よう、である。

 椎の実が子守歌に出てくる例を紹介しよう。島根県鹿足郡吉賀町柿木(しまねけん かのあしぐん よしかちょう かきのき)地区に伝わる子守歌、「ねんねんよ ころりんよ」である。その二番の歌詞に椎の葉が出てくる。

 ♪ねんねんよ ころりんよ
   おととの お山のお兎は なしてお耳が お長いの
    おかかの おなかに いたときに 椎(しい)の実 榧(かや)の実 
食べたそに それで お耳が お長いぞ ねんねんよ ころりんよ♪

 怪談、耳なし芳一などで知られる小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が、明治20年頃、島根県隠岐の島の海士町を訪れたとき、この世で一番古い子守歌を聞くことができたと讃えたのがこの歌である。この島では、ウサギの耳が長い訳を「びわの葉やささの葉」を食べたからという歌詞になっている。ところが、島根県でも米子地方では、ウサギの耳の長いのは「びわの葉」を食べたからだとしている。椎の実もビワの葉も笹の葉も、みんな細長いのである。耳の長い訳を、お母さんがいろいろ思い起こしながら子供に歌い聞かせた状況が見えてくる。

最後に、今でも椎の実を売る屋台が出るという話である、北九州市の八幡地区は、かの有名な八幡製鉄のあった町である。その創業を記念した祭り、「起業祭」が毎年、11月に行われる。その会場に図15の右端(出典:Nissy-KITAQ Wikipedia)のような椎の実を売る屋台が出る。炒った椎の実がショケ一杯、山盛りして店頭にでている。 

「続ふるさと探訪」をながらくご笑覧いただきありがとうございました!

杉下潤二  junji@siren.ocn.ne.jp


  • 若人支援会
  • あさぎり町の紹介
  • 中部ふるさと会の情報
  • 会長あいさつ
  • 会則
  • 役員名簿
  • 活動計画と予算
  • 活動報告
  • 児童生徒就学支援
  • 会員からの投稿欄
  • ふるさと探訪
  • 町名の由来は秋から春にかけて球磨盆地にしばしば発生する朝霧から。
ページの先頭へ
あさぎり町中部ふるさと会HPの著作権
©2007 あさぎり町中部ふるさと会 All Rights Reserved.  ホームページ作成  bit,SEO.